須磨の句碑 蕪村・須磨寺   *
 須磨寺は真言宗須磨寺派大本山で、本尊は聖観音。
  平安時代初期に光孝天皇の勅願寺として聞鏡上人が開山、
  1100年以上の歴史がある源平ゆかりの寺で、
   「須磨のお大師さん」として親しまれています。
     住所:神戸市須磨区須磨寺町 4-6-8
     電話:078-731-0416
     アクセス:JR「須磨」駅下車 徒歩 13分
           山陽電車「須磨寺」駅下車 徒歩 5分
     公式ホームページ:http://www.sumadera.or.jp/ 

                                        

 源平の庭

  平敦盛と熊谷直実の一騎打ちの場面を実物大の
   モニュメントで再現しています。

                              
 須磨寺「源平の庭」の前に、敦盛の笛の音を詠んだ
   与謝蕪村の句碑が建っています。
     笛の音に 波もよりくる 須磨の秋   蕪村
   蕪村の自筆を模刻した句碑で、2006年10月7日に建立。
 この句は、蕪村が須磨の海を詠んだ名句
     春の海 終日(ひねもす)のたり のたりかな
   の対句ともいうべき句で、蕪村が頭の中で考えて作った
   やや観念的に過ぎる句ですが、
   この句が、敦盛が討たれた須磨の海の辺の、そこはかとなく
   物悲しい秋思の句であることを鑑みると、やはり、
   味わい深い蕪村の秀句のひとつなのではないかと思われます。
  俳子の添え句(月並み句)
     敦盛が 涙なりしか 秋の雨     俳子 

                                  
 笛の音に 波もよりくる 須磨の秋
   の句を蕪村が詠んだとおぼしき須磨の海岸の近くに、
   平敦盛胴塚(写真左)があります。
 平敦盛塚は、源平一の谷の合戦で、源氏の武将・
   熊谷直実に討たれた平敦盛の供養塔です。
   地上部の高さが約 3.5メートルもある大きな五輪塔の石塔で、
   北条貞時が平家一門の供養のために建立したと伝えられる
         山陽「須磨浦公園」駅から西に200m、
         国道2号線沿いにあります。
  俳子の添え句(月並み句)
     敦盛が 涙なりしか 秋の雨
     秋霖や 平家無惨の 古戦場   俳子

     須 磨 ・ 句 碑 め ぐ り の 旅


 芭蕉・須磨寺句碑  芭蕉・現光寺句碑(序章)  芭蕉・須磨境川句碑
 蕪村・須磨寺句碑  蕪村・須磨の浦句碑  子規・虚子句碑
 尾崎放哉句碑  阿波野青畝句碑(最終章)  五十嵐播水句碑
 神戸観光名所歳時記・須磨
   575俳句ワールド
 俳子の俳句横丁  
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ