須磨の句碑 阿波野青畝・須磨離宮公園   *

     須磨離宮公園・噴水広場
 須磨離宮公園
   前身は大正期に完成した武庫離宮。
   1967年に今上天皇御成婚記念として神戸市に下賜され、
   須磨離宮公園となりました。
   噴水とバラ園からなる欧風庭園(本園)と、旧岡崎邸の
   跡地を利用した植物園よりなり、
   緑豊かな市民の憩いの場として親しまれています。

  住所:神戸市須磨区東須磨 1-1   電話:078-732-6688
    アクセス:山陽「月見山」駅下車 北西へ徒歩10分
          山陽「須磨寺」駅下車 北東へ徒歩10分
          JR「須磨」駅より市バス妙法寺駅前行
             「離宮公園前」下車すぐ
  公式ホームページ:http://www.kobe-park.or.jp/rikyu/ 

                         
       阿波野青畝の句碑  須磨離宮公園正門を入って石段を登りきった所に
    阿波野青畝(1899-1992)の句碑が建っています。
      須磨涼し 今も昔の 文の如  青畝
 「昔の文」とは「源氏物語」と考えるのが妥当でしょう。
    海を見下ろせる緑豊かな地・須磨は、
    「源氏物語」に描かれた昔と同じように、
    今も変わらず美しく、涼しい、という句。
        (この句の鑑賞は下記をご覧ください)

 俳子の添え句
       文涼し 心澄みたる 人のごと   俳子    


                


         阿波野青畝の句碑(碑文)
 阿波野青畝の須磨涼し 今も昔の 文の如という句を
   見たときの衝撃を、今でも忘れられません。
   旧岡崎邸の和室で開かれた句会。句がなかなかできなくて、
   広い離宮公園内をさまよい歩いていると、
   園の隅の目立たないところに青畝の句碑がありました。
 阿波野青畝がどんな人なのか、よく知りませんでした。
   ちなみに、青畝は『ホトトギス』の四Sのひとり。
   幼少の時に耳を患い、以後、難聴に悩まされ続けた。
   葛城の 山懐に 寝釈迦かな などの句を作りました。
 この句を見て、最初に思ったのは、
   この人の書く文は「涼しい」だろうなぁ、ということでした。
 次に思ったのは、文は人なり、ということでした。
   心持ちの涼しい人の文は、明朗明晰にして爽やか。
   文涼やかなれば、その人の人柄もまた涼しい。
 そして最後に思ったのは、俳句は言葉を紡いで作るものではなく、
   言葉をそぎ落として作るもの、その過酷な作業を経て残された俳句の
   十七文字は、その人となりをごまかしようがない、ということでした。
 旧岡崎邸の和室での句座は、散々なものとなりました。
        色変へぬ 松や主は 変はれども
        暮早し 旧尾崎邸 和室跡   俳子


      旧岡崎邸の和室  <阿波野青畝句碑>考察・つづき;
 阿波野青畝が生まれ育った葛城(奈良県高市郡高取町)と
   須磨はよく似ています。いずれも自然が豊かで美しい。
   歴史ある町で、独特な文化を育ててきました。
 奈良文化圏のなかで葛城が占める位置と、近畿文化圏の
   なかで須磨が占める位置がよく似ています。
   少し辺境の地にあって、その文化圏の影響を強く受け
   ながらも、独自の文化を発展させてきました。
 阿波野青畝が須磨に句を残したのは、葛城と同じ匂いを
   須磨に感じたからではないでしょうか。

 長い時間をかけて培われてきた文化は、更なる文化を引き寄せ、
   新たなる発展をとげていくのではないでしょうか。
   そして、こうした文化を大切にする町は栄え、
   軽んずる町は、やがて衰えていくのではないでしょうか。


                 
          須磨の句碑めぐりの旅 最終章


 須磨離宮公園の薔薇
     品種:ダイアナ・プリンセス オブ・ウェールズ

 俳子の添え句
       薔薇熟れて 王侯貴族の 名を冠す
       芳しや 崩れかけたる 花薔薇   俳子

                        


 須磨離宮公園の花菖蒲

 俳子の添え句
       花菖蒲 濁りて浅き 池の水
       花菖蒲 日暮れてよりの 水明かり   俳子

                     
      武庫離宮中門遺構  芭蕉の足跡をたどる「須磨・句碑めぐりの旅」も、
   この<阿波野青畝句碑>の章でひとまず終わりです。

 最後にひとこと;
   芭蕉と俳子の違いは、人と文の違い、
    たった十七文字に全てを捧げえた人と、
    うつせみの余技で俳句を作っている人との違い…
    なのかもしれません。

 俳子の止め句
        行平が 愛でたる月や 須磨離宮
        武庫離宮 中門遺構 月清し
        太古より 風立つごとく 月涼し   俳子

     須 磨 ・ 句 碑 め ぐ り の 旅


 芭蕉・須磨寺句碑  芭蕉・現光寺句碑(序章)  芭蕉・須磨境川句碑
 蕪村・須磨寺句碑  蕪村・須磨の浦句碑  子規・虚子句碑
 尾崎放哉句碑  阿波野青畝句碑(最終章)  五十嵐播水句碑
 神戸観光名所歳時記・須磨
   575俳句ワールド
 俳子の俳句横丁 
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ