須磨の句碑  放哉・須磨寺   *
 須磨寺は真言宗須磨寺派大本山で、本尊は聖観音。
   平安時代初期に光孝天皇の勅願寺として聞鏡上人が
   開山、1100年以上の歴史がある源平ゆかりの寺で、
    「須磨のお大師さん」として親しまれています。

      住所:神戸市須磨区須磨寺町 4-6-8
      電話:078-731-0416
      アクセス:JR「須磨」駅下車 徒歩 13分
            山陽電車「須磨寺」駅下車 徒歩 5分
      公式ホームページ:http://www.sumadera.or.jp/ 


                   
 尾崎放哉(1885-1926)は、関東大震災の翌年、
   大正十三年(1924)に須磨寺大師堂の堂守となりました。
    「小生の如き正直の馬鹿者は社会と離れて孤独を
    守るに如かず(知人宛書簡)」
   と、京都一燈園で托鉢生活に入った翌年のことです。 
    昼寝起きれば つかれた物の かげばかり  放哉
 放哉は酒癖が悪かったようです。有能な堂守ではなかった、
   と推測されます。9ヶ月後には須磨を出て、
   福井県小浜の常高寺、小豆島の西光寺南郷庵と流転、
   翌年4月、孤独のままの生涯を終えました。
 放哉は有季でなくともよい自由律俳句の代表的俳人で、
   種田山頭火と並び称されています。
   「咳をしても一人」「春の山の後ろから煙が出だした
   などの句を作りました。
 左写真は須磨寺大師堂


              
 尾崎放哉の句碑は、須磨寺大師堂の前にある池
   (敦盛首洗いの池・左写真)の淵に建っています。
      こんなよい月を ひとりで見て寝る  放哉
   碑は昭和34年4月7日命日に建てられ、字は師の
   荻原井泉水が筆をとりました。
 上掲の句は、見たまま感じたままを、なんの技巧も施さずに
   素直に表出した句で、読む人に心が透き通るような
   不思議な感銘を与えます。
 「こんなよい月」は、敦盛が討たれた源平の世にも、
   呑んだくれ放哉の世にも、変わらずにあって…、
   そこに何か違いがるとしたら、いつの時代でも、
   「こんなよい月」に心を打たれる人と、それほどでもない
   人とがいる、ただそれだけのことなのかもしれません。
 俳子の添え句 名月は 堂谷が池に 浮ぶべし
          月出でて 影も舞ふなり 能神楽
          月光へ 須磨一弦の 琴調べ  俳子

     須 磨 ・ 句 碑 め ぐ り の 旅


 芭蕉・須磨寺句碑  芭蕉・現光寺句碑(序章)  芭蕉・須磨境川句碑
 蕪村・須磨寺句碑  蕪村・須磨の浦句碑  子規・虚子句碑
 尾崎放哉句碑  阿波野青畝句碑(最終章)  五十嵐播水句碑
 神戸観光名所歳時記・須磨
   575俳句ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ