須磨の句碑   芭蕉・現光寺  *
  
 現光寺は「源氏物語」の物語の主人公・光源氏の住居跡と
  伝えられ、もとは「源光寺」「源氏寺」ともよばれていました。
  寺の入り口に「源氏寺碑」という石碑があります。

      住所:神戸市須磨区須磨寺町 1-1-6  
      電話:078-731-9090
      アクセス:山陽電鉄「須磨駅」から東へ徒歩約 5分

                     
  
 現光寺境内

 現光寺は阪神淡路大震災で倒壊、
  本堂など再建されて、写真のように目新しい寺となりました。

                              
   現光寺境内にある松尾芭蕉句碑
     見渡せば ながむれば見れば 須磨の秋  芭蕉
      (昭和12年2月西須磨協議会により建立されました)
 延宝6年(1678年)松尾芭蕉35才の作。
 芭蕉が「源氏物語」須磨の巻の舞台を訪ねたのは春で、
  名月を見るべくもなく、その無念さを詠んだ句で、
  「三段切れ」の名句といわれていますが、
 ただ、中七が字余りなので、作者が芭蕉ではなくて、
  たとえば小生が詠んだとすれば、「ながむれば見れば」は
  「ながむれ見れば」と添削されるところでしょう。

 俳子の添え句(パチリ句)
      須磨の浦 ふりさき見れば 春の月    俳子

                                   
             芭蕉の足跡をたどる旅 序文

 俳句を始めて10年…、
  越えようとしても越えられない壁があります。
  芭蕉の句は言葉が艶やかで格調高いですが、
  俳子の句には間延びした言葉の羅列があるだけで、
  句相も月並みです。
  わずか十七文字なのに、どうしてこうも違うのでしょう。

 300年以上も前に芭蕉が訪ね歩いた須磨の地を訪ね、
  芭蕉が目にしたであろう景を俳句に詠んで、
  いろいろ考えてみました。
               (右列・文頭に続く)








  
            須磨全景
 (左列・文末より続く)
 まず訪ねたのは現光寺。この境内に芭蕉の句碑
    見渡せば ながむれば見れば 須磨の秋 があります。

 芭蕉が須磨の地を訪れたのは、「源氏物語」の主人公・
  光源氏が、この地に侘び住まいしたことによります。
  わびしい漁村に身を潜め再起を果たさんとする光源氏。
  「源氏物語」はこの「須磨の巻」から書き始められます。
  芭蕉は光源氏が見たであろう須磨の名月を見たかった。
  名月を見るなら須磨・現光寺…。

 が、光源氏は「源氏物語」の中のみに在りて実在しない人物で、
  原作者・紫式部も須磨を訪ねたことはありません。
  紫式部は、その約100年前に「在原行平が須磨に3年間
  侘び住まいをし、都の月を偲びながら須磨の名月を愛でた」
  とされるのをヒントにして、須磨の巻を書きました。
     安和の変(969年)で左遷されて須磨に流された
     左大臣・源高明がモデルという異説もあります。
  いずれにしても、芭蕉はありもしない「光源氏の月」を
  求めた? ことになります。芭蕉の須磨足跡をたどる旅に
  出た俳子は、出鼻をくじかれた? とは考えたくありません。

 人はいろいろな欲望に突き動かされて、いろいろに行動します。
  芭蕉は日本文化に造詣が深く、「源氏物語」にあこがれて
  さまざまな旅をしました。それは、「源氏物語」700年後の
  <「虚」に満ちた楽しみ>を求める旅でした。

 それから300年、名もなく実績もない俳子の旅が始まります。
  たいした成果も期待されない旅…、しかし、
  それは、<「虚のそのまた虚」を求める旅>、
  千年の時空を超えた旅…なのかもしれません。
         片雲の 風に流離ふ 須磨の秋
         旅人の 心も知らで 須磨の秋    俳子

 「片雲の風」は、「奥の細道」序文の「予もいづれの年よりか、
  片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜に
  さすらへ…」より転用(丸写し)しました。
     

         
                  現 光 寺 豆 知 識

 現光寺は浄土真宗西本願寺末。
 千森川の東岸にあり、
 もとは源光寺とも書かれていました。
 永正11年(1514年)、浄教上人の開基といわれ、
 本尊は阿弥陀如来です。

 現光寺の近くに
 「藩架(ませがき)」とか「ヤグラ」という字名が残っていて、
 古代の須磨の関跡だともいわれています。
 
 芭蕉が須磨を訪ねたとき泊まったのが、現光寺の風月庵。
  この宿泊日が4月20日だったことから、須磨では、この日を
  「芭蕉の日」と呼んでいます。
 この日を記念して、芭蕉の足跡をたどりながら芭蕉にまつわる
  クイズを解く「芭蕉学検定ウォーク」などが開催されています。

  コース:JR須磨駅~現光寺~菅の井~天井川~板宿駅
           約 7.5km(平坦なコース・家族向け)
       (開催日、コースはその年によって違います)

    須 磨 ・ 句 碑 め ぐ り の 旅 


 芭蕉・須磨寺句碑  芭蕉・現光寺句碑(序章)  芭蕉・須磨境川句碑
 蕪村・須磨寺句碑  蕪村・須磨の浦句碑  子規・虚子句碑
 尾崎放哉句碑  阿波野青畝句碑(最終章)  五十嵐播水句碑
 神戸観光名所歳時記・須磨
   575俳句ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ