扇   都   (三十句)   *

     早春や レトロモダンの 似合ふ街  (神戸旧居留地)
     春時雨 襟立てて行く 異人街  (神戸北野町)
     楊貴妃の まとふは重き 春衣  (神戸南京町)
     しぶき飛ぶ いかなご網の 二艘曳  (明石海峡大橋)
     一番機 春曙の 鳥のごと  (神戸空港)
     神地神戸(かんべ) 朱塗り神殿 八重桜  (生田神社)
     お大師へ 智慧の道行く 春日傘  (須磨寺)
     奢るるも 猛しも滅ぶ 春の夜  (兵庫区・清盛塚)
     夕べには 萎るる花片 春惜しむ  (インフィオラータこうべ)

     ハイカーの 靴音までも みどり中  (神戸市立森林植物園)
     青梅や 葉陰に見ゆる 赤鳥居  (綱敷天満宮)
     薔薇熟れて 王侯貴族の 名を冠す  (須磨離宮公園)
     水精は 塵を受けずや 滴れる  (布引の滝)
     夏燕 風まで青き 須磨の浦  (須磨浦公園)
     磯の辺に 残る足跡 夏終る  (須磨海岸)

     きら星も 月も出でませ 長寿村  (しあわせの村)
     武庫離宮 中門遺構 月清し  (須磨離宮公園)
     秋なれや 晩鐘ひびく 須磨古刹  (須磨寺)
     霧匂ふ 君が涙を 拭はばや  (神戸港)
     会へばまた 和悦相楽 菊日和  (相楽園)
     秋闌くる 老ジャズメンの 息遣ひ  (神戸ジャズストリート)
     秋冷や 天に星屑 地に灯り  (布引ハーブ園)

     冬燈 肩すぼめゆく 地震の街  (神戸ルミナリエ)
     行く年や みなと神戸の 連れ霧笛  (神戸港)
     悴みて サインひとつも ままならず  (長田・鉄人広場)
     夢が跡 雪見御所碑に 雪積まず  (兵庫区雪御所町)
     湯煙の あがりて雪の 青明かり  (有馬温泉)
     寒風や 一麹ニもと 三造り  (灘の酒蔵)
     冬残照 明石が橋の 灯のともる  (神戸空港)
     日向ぼこ 隣の人も 埴輪顔  (五色塚古墳)

  俳子の「守破離」俳句


 句歌留多(四十六句)  疫魔(百八十句)
 戀恋(二十句)  戯花(三十句)  戯画(二十句)
 戯文(二十句)  木霊(二十句)  扇都(三十句)
 人籟(二十句)  緑陰(二十句)  死夢(二十句)
 鎮魂(二十句)  炎帝(二十句)
 蛇惑(三十句)  寧楽(三十句)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の独断状
    ホームへ