句 歌 留 多 (1)   *
     暑き日の とろり腰抜け チョコレート
     色鳥の いろはにほひて なきぬるを       
     海底の 鮃かれひの 背比べ
     炎帝を ドン・キホーテに なりて撃つ
     オリーブの実にがし 和平なりがたし 

     カーナビを たよりに春の 未来都市
     極星は 動かず大地 霜冴ゆる 
     砕けても 凍つるをこばむ 魚の骨
     毛糸編む 人の温もり 欲しき夜に
     転びても へのへのもへじ 捨案山子

     三人も 死んで真夏の サスペンス
     七月の 粋な姉さん 江戸小紋  
     少しだけ 拗ねて甘えて サクランボ
     蝉しぐれ 光も風も 飴色に
     走馬灯 めぐりめぐりて 飽きもせず

     大試験 鉛筆の芯 折れやすし
     蝶結び ほどかば春の 玉手箱
     鶴一声 天にさえぎる ものもなく   
     手の内は 見せるものかと 懐手
     融くるまで 逃げず隠れず 雪兎

     亡骸の 軽ろきを重く 蟻が曳く
     煮大根や 煮かへすごとに 角がとれ
     ぬくめ鳥 荒爪の脚 さびしくて
     捩花の 螺旋階段 目でのぼる
     野狐の 痩せ骨きしむ 寒の朝

             TOPへ  句歌留多(2)

  俳子の「守破離」俳句


 句歌留多(四十六句)  疫魔(百八十句)
 戀恋(二十句)  戯花(三十句)  戯画(四十句)
 戯文(二十句)  木霊(二十句)  扇都(三十句)
 人籟(二十句)  緑陰(二十句)  死夢(二十句)
 鎮魂(二十句)  炎帝(二十句)
 蛇惑(三十句)  寧楽(三十句)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 フォト俳句・いい日 旅立ち
 俳子の独断状
    ホームへ