戯   文    (ニ十句)   *

      右顧左眄 上行下効 冬に入る
      ゐかんぜよ 龍馬気取りの 懐手
      初寝覚 極上発句 忘れ来し
      雪やこんこ 狐こんこん 今夜来ん
      いざ出陣 三廻りほども 着ぶくれて
      湯豆腐に 七人の敵 忘れをり

      我いつも 薄志弱行 春炬燵
      さくらさくら さくらのはなの ちりぬるを
      古池や ドレミファソラシ 泥蛙

      着古しを また取り出して 衣更
      夢追ふも 旅に死するも 合歓の花
      どう見ても 不良老人 サングラス 
      明日がある 今日はひとまづ 大昼寝
      夢見しは 蝶か老子か 昼寝覚

      貧乏は 金もて買へず ちちろ鳴く
      一寸の 目の玉ふたつ 銀河見る
      露の世や 行深般若 波羅蜜多時   
      無位無冠 無病息災 天高し
      猫じゃらし とも呼ばれゐて 犬子草
      憂きことは 笑ひ飛ばして 実山椒

  俳子の「守破離」俳句


 句歌留多(四十六句)  疫魔(百八十句)
 戀恋(二十句)  戯花(三十句)  戯画(四十句)
 戯文(二十句)  木霊(二十句)  扇都(三十句)
 人籟(二十句)  緑陰(二十句)  死夢(二十句)
 鎮魂(二十句)  炎帝(二十句)
 蛇惑(三十句)  寧楽(三十句)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 フォト俳句・いい日 旅立ち
 俳子の独断状
    ホームへ