焚     火  *

            冬…初焚火 煙ばかりを 燻らせて
              煙立つ 見れば里曲の 落葉焚

              煙のみ 見えて昼間の 落葉焚
              落葉焚く 空には煙 地には灰

              焚火人 小さき焔に 手をかざし
              顔翳り 顔また浮かぶ 焚火びと

              背に暗き 翳を背負ひて 焚火びと
              面熱く 背中の冷ゆる 焚火人


              夕焚火 誰いふとなく 集ひきて
              ひとり来て またひとり去る 夕焚火

              夜焚火の 火が火をよんで 炎激す
              夜焚火を 跳びこえて来よ わが胸に


              夜焚火に 当るも去るも 定めなく
              誰よりも 煙臭強き 焚火守

              海闇に 炎遊べり 浜焚火
              浜焚火 して火の色 水の色

              海に貌 火に尻むけて 浜焚火
              磯びとの 笑へば焚火 燃えあがる

              尻むけて 大川端の 焚火かな


              火を焚くや 万古の記憶 よみがへる
              原人の 洞に残りし 焚火跡

              火を使ふ 知恵得てよりの 大焚火
              夜焚火 縄文人の 貌をして

              大焚火 天上天下を 燻らせて
              火の貌の なまめく夜の 焚火かな


              火の消ゆる 際はさびしも 榾をつぐ
              榾たして 焚火ぼてりの 頬さする

              焚火榾 くづれて火の粉 舞ひあがる
              夜焚火や 心に燃ゆる 炎は失せて

              煩悩も くべて焼きたし 大焚火
              焚火果つ 太き丸太も 灰と化し


              焚火爆ぜ 矢弓の話 盛り上がる (六条八幡宮)
              冬麗や 引目神事の 弓の音

              縄電車 焚火の駅に 列をとく
              火が紙を 腐食する冬 手紙焼く

              さびし夜や 焚火の舌が 闇焦がす   俳子



      前頁(枯野)へ  この頁のTOPへ  次頁(暖炉)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 INDEX