蠟     梅  *

            冬…蠟梅の 明けてまもなき 日の雫
              蠟梅や 淡き光の まつはれる
              蠟梅の 光まとへば 金色に

              蠟梅の 香のあるやうな なきやうな
              日当たりて 花蠟梅の 香を強む

              光盛る 器あるかに 蠟梅花
              蠟梅の 花金杯に 日を受けて
              蠟梅に 光透けくる 朝かな

              蠟梅や 下駄を鳴らして 若き僧
              蠟梅や 艱難辛苦 ありてなほ

              蠟梅や 色衰へて 香の弛む
              蠟梅の 花﨟たけてより 散り急ぐ   俳子

             早咲きのロウバイ  2016.12.23



              ロウバイの実

    前頁(寒椿)へ  この頁のTOPへ  次頁(御柳梅)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬

      

 俳子のインターネット歳時記 INDEX