*

           冬…積む雪の 早く解けたる 葱根元

             一膳と 一汁二菜 葱刻む
             白きより 青き先へと 葱きざむ

             青葱の 切り口ななめ 細刻み
             切口に 切口重ね 葱刻む

             薬味にと 刻むも細く 九条葱
             砥ぎ痩せの 包丁軽ろし 葱刻む

             泣き下手な 女がひとり 葱刻む
             人の世を 生くるも斜め 葱刻む

             イプセンの ノラにもなれず 葱刻む
             妻と吾の パワーバランス 葱刻む

             薄味を 好みて老いが 根深汁
             悔ひなしと いふにはあらず 根深汁

             酔ひざめに 冷めて味濃き 根深汁
             一夜経て 味濃厚の 根深汁    俳子



     前頁(白菜)へ  この頁のTOPへ  次頁(海鼠)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版