縄     跳   *

             冬…縄跳の 吾子が自慢の 二重跳び
               軽やかに ダブルバウンス 縄飛べり
               縄跳の 円弧の中や 息はずむ

               輪をもつて 尊しとなし 縄跳べり
               縄跳の 天使軽々 宙に浮く

               縄跳べり 縄が光と 消ゆるまで
               古校舎 入れて縄跳 日暮れまで


               縄電車 焚火の駅に 列をとく    俳子


                                                  
       前頁(竹馬)へ  この頁のTOPへ  次頁(冬夕焼)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 INDEX