海    鼠  *

           冬…身の内に 心がふたつ 海鼠喰う
             悔なしと いふには遠し 海鼠喰ふ

             一万米の超深海や海鼠棲む
             干海鼠 天下国家を 論じゐて

             囚はれの なまこ憤怒の 水を吐く
             あつぱれや 海鼠切られて 潮を吹く

             海綿の 死するを嗤ふ 海鼠かな   俳子


      前頁(葱)へ  この頁のTOPへ  次頁(竹馬)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 INDEX