帰  り  花  *

            秋…一花二花 三花十月 桜かな
              離宮邸跡や 十月桜咲く

            冬…痛さうに 切なささうに 帰り花
              さみしさの つのる極みに 帰り花

              なんの木の 花やも知れず 帰り花
              日当たりて 薄き影さす 帰り花

              かりそめの 誓ひめきたる 帰り花
              遅れ来て 咲くほかはなき 帰り花

              老いらくの 未練なりしか 狂ひ花
              帰り花 けふという日も あすの日も
              帰り花 ぢぢばばふたり 腰のばす

              華麗なる 旧家が華や 帰り花 (須磨離宮公園)
              古民家の 庭の広きに 帰り花

              再起きす 山のホテルに 帰り花 (六甲山ホテル)
              帰り花 あの日あの時 あの場所で

              小惑星 リュウグウよりや 帰り花 (小惑星探査機「はやぶさ2」)
              帰り花 三億キロの 遥かより

              帰り花 まぶた閉づれば 見ゆるなり
              帰り花 あきらめざれば 人もまた    俳子

             烏原貯水池・花の休憩所の 十月桜

            須磨離宮公園・植物園の 十月桜

            六甲山ホテル・ツツジ(帰り花)

          しあわせの村・薬草園のボケの花(帰り花)

     前頁(石蕗の花)へ  この頁のTOPへ  次頁(冬の蠅)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 INDEX