冬     菊   *

           冬…冬菊や はや枯れそむも うちまじり
             嗄れの庭に 冬菊なほ赤し

             霜菊や 耐えて忍びて うらぶれて

             のこり草 栄華をしのぶ すべもなく
             のこり草 告げざる恋と いふもあり

             冬菊や 妓王妓女の 墓小さし (築島 来迎寺)
             ことごとく 葉々は枯れても 花冬菊


             寒菊の 色寄せあへば 光もつ

             寒菊や 枯れて晩節 飾りたる
             寒菊や 矜持保ちて 生きめやも    俳子




      前頁(冬朝顔)へ  この頁のTOPへ  次頁(冬薊)
      「冬菊」関連ページ…菊の苗(春) (秋) 枯菊(冬)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 INDEX