七     夕  *

             秋…枝ぶりの よきを選びて 七夕竹
               七夕の 七つ飾りを 探しゆく

               星祭 美しき手が 灯を入れて
               美しき 星の下にや 星迎

               星合と いふても遠き 空が果
               神々の 逢瀬儚し 星祭

               星今宵 逢はずばつのる 恋心
               星祭 笹に結びし 恋みくじ
               七夕の 星なき夜の 願ひごと

               誰が吊るや 七夕竹の 恋が歌
               星迎 異郷のひとを 想ふ夜に

               子らの夢多し 七夕竹撓む
               かはゆしよ 七夕竹の 願ひ事

               星の恋 幼馴染の 糸電話
               星の恋 億光年の 時を超え

               色褪せて なほも七夕 飾りなる
               七夕や 月に家建つ 話して   俳子

                  仙台七夕まつり

                 七夕の笹飾り

       前頁(立秋)へ  この頁のTOPへ  次頁(鳳仙花)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 INDEX