竜     胆   *

           秋…日あたりて 青く透けゆく 野竜胆
             竜胆の 妖しきまでの 花の青

             竜胆の 開きてよりの 照り翳り
             竜胆は 愁ひ泪を ためる壺
             日かげりて 花を閉ぢたる 竜胆に

             藍那野の 一点の青 花りんどう
             日陰濃き 野面低きに 濃竜胆

           冬…野の隅に 押しひしがれて 枯竜胆
             竜胆の 枯れて野末の うらぶるる   俳子



     前頁(曼珠沙華)へ  この頁のTOPへ  次頁(秋薔薇)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 INDEX