*

            秋…静か里の 獲物わづかか 鵙猛る
              鵙高音 藍那の里の 夕まぐれ

              空を跳ぶ 蛙ゐるかに 鵙の贄
              虫殺め 蛙吊るして 鵙日和

              鵙贄の 報ひは枝が 棘の先
              太陽の 贄と化したる 鵙の贄

              鵙日和 わが肝ひとつ 木に吊るす
              細き枝に 鵙の贄ひとつ 野ざらしに

              鵙の贄 飢餓線上の 骨と皮
              枝先の 哀毀骨立 鵙の贄

              干乾びて 日に日に細る 鵙の贄
              鵙の枝に わがはらわたも 干乾ぶる

              昼酒に 焼き鳥二本 鵙日和
              わが肝も 空も抜けたる 鵙日和    俳子


                

     前頁(色鳥)へ   この頁のTOPへ  次頁(鵯)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 INDEX