松     茸  *

              秋…こちになし あちにもなしと 茸狩
                目にするは 見るも怪しき 毒きのこ

                山路辺の 朽木にあまた 毒きのこ
                おほかたは 名さへ知らざる 雑茸

                毒きのこ 食べて激痛 武勇伝
                天狗茸 貪欲怒り 愚痴の毒

                色かたち 疑はしきは 毒きのこ
                森闇に 茸博士の 声高し

                松茸の 数より多き 入山者
                やみくもに 松葉隠れの 茸追ふ

                前年の その外側に 茸生ふ
                茸狩る 敵将の首 とるやうに

                松茸の ありどを知るは 主のみ
                茸狩 とは名ばかりの 山徘徊

                採れたての 茸づくしの 夕餉膳
                松茸に 眼耳鼻舌を とぎすます   俳子

                マツタケ

    再度山で採れた食用キノコ  マツオウジ(上)、ナラタケ(左)、?(右)

       前頁(通草)へ  この頁のTOPへ  次頁(一夜茸)
      「松茸」関連ページ…梅雨茸(夏) 一夜茸(秋) (秋)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 INDEX