木  の  実   *

          秋…誠とは 言の成ること 木の実成る
            飯桐の 赤き実ほどの 人なさけ

            垂直に 落つる影あり 木の実降る
            木の実落つ 谷の底まで 転げ落つ
            木の実落つ 音に崩るる 座頭谷 (蓬莱峡)


            僧ならば 行乞流転 木の実落つ
            南無阿弥陀仏 妙号岩に 木の実降る

            木の実降る 義経道や 早駈くる
            稚児ヶ墓 地蔵だまりに 木の実降る

            堀切や 椎の実落ちて 谷底へ (滝山城址)
            山路ゆく 木の実ひとつを ポケットに

            足音に 驚きをるかに 木の実落つ
            太鼓橋 渡りそこねて 木の実落つ

            ラの音か シかドの音か 木の実降る
            木の実てふ 次につながる 命かな

            椎拾ふ 山神様の 贈り物
            木の実喰ふ 喰へば膨るる 頬袋

            さうかとも さうでなきとも 椎拾ふ
            拾ひても 捨つるほかなき 木の実かな

            ゴム銃や 的得て撥ぬる 木の実弾

          冬…群鳥に 食べ尽くされし 冬木の実
            山里の 冬鳥騒ぐ 餌なきと
            あちこちに 鳥の糞跡 冬終る     俳子

              木の実 いろいろ

               木の実 ゴム銃


     前頁(団栗)へ  この頁のTOPへ  次頁(草の実)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 INDEX