*

          秋…寒村の つぎはぎ棚田 早稲熟るる
            山峡の 隠し田めきて 早稲の秋

            棚田ごと 色を違へて 稲の波
            棚田にも 色の濃淡 早稲晩稲

            ありがたや 命の根より 稲育つ
            稲稔る 照り降り風の 日々重ね
            生うは咲け 咲くは稔れの 稲の秋

            金色の 波美しき 稲田かな
            鷲尾氏の 屋敷跡にも 稲の秋

            稲穂垂る 石灯籠の 遺る田に
            稲穂垂る 新兵衛石の 周りにも

            稲穂垂る 山田錦の 里なれば
            ジパングは 黄金の国 稲穂垂る

            稲の穂の 近きは風の 波うてる
            稲は穂に 実(じつ)あるものは 頭(づ)を垂るる
            重さうに 稲穂揺るれば 村も揺れ

            稲の穂や これぞ日の恩 土の恩
            稲の秋 終着駅は 始発駅

            稲の香や あすの糧ある 御恵み
            腹の子に 稲の香届け むせるほど

            ありがたう 声掛け過ぐる 稲穂道
            日ノ本の 臍近き地に 稲の道

            傾ぐ日に 棚田晩稲の 熟れいそぐ
            稲雀 騒ぎて丹生の 大鳥居

            田の神の 御座する里や 豊の秋
            豊の秋 ご先祖様に 手を合はせ

            秋津洲 見渡し見れば 稲穂波
            丹精を こめて実りの 秋となる

            晴々と やまと国原 稲の秋
            天つ下 四方の国原 稲の秋   俳子




      前頁(稲の花)へ  この頁のTOPへ  次頁(稲刈)
 「稲」 関連ページ…田植(夏) 青田(夏) 稲の花(秋) 稲刈(秋) 豊の秋(秋)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版