一 位 の 実  *

        秋…雨雫 ひとつ垂らして 一位の実
          純なほど 赤く透けたる 一位の実

          師も弟子も 俳誌も持たず 一位の実
          へつらひも 衒ひもなくて 一位の実   俳子




      前頁(椿の実)へ  この頁のTOPへ  次頁(銀杏)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版