一  夜  茸   *

             秋…あれれのれ 一夜で消ゆる 一夜茸

               魂の ぬけてひと夜や 茸消ゆ
               身の溶けて 闇へと消ゆる 一夜茸

               夜闇に わが身燃やす火 一夜茸
               壮絶や おのが身溶かす 一夜茸   俳子

                 写真は全てササクレヒトヨタケ




      前頁(松茸)へ  この頁のTOPへ  次頁(茸)
    「一夜茸」関連ページ…梅雨茸(夏) 松茸(秋) (秋)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 INDEX