夜    店  *

           夏…片減りの 下駄を鳴らして 夜店市
             Gパンの 尻に惹かれて 夜店市
             夜店立つ 銀座通り商店街

             ほの赤き 裸電球 夜店立つ
             店先に 裸火ひとつ 夜店守る

             夜店の灯 的は当らず 遠からず
             夜店の灯 射的の弾は よく曲り

             夜店の灯 薄きところに 人群れて
             ふふぁふふぁと たこ焼き食す 夜店前

             夜店の灯 左右に揺るる 肩車
             肩車されて 見下ろす 夜店市
             綿菓子は 後にまはして 夜店の子

             下町の 夜店ひやかす 寄席崩れ
             強面の おじさん笑ふ 夜店市

             人影に 揺れて夜店の 薄灯り
             アーケード 灯りの中や 夜店の灯 (元町夜市)

             綿菓子を なめて夜店の 帰り道
             夜店果つ 神社に静か 闇もどる   俳子



      前頁(花火)へ  この頁のTOPへ  次頁(瓜)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX