空 木 の 花  *

          夏…雨太し うつぎの花は 下向きに
            雨匂ふ 色のありなば 姫うつぎ

            紅うつぎ 雨意の奥山 けふ越えて
            鮮やかや 奥六甲の 谷うつぎ

            あまざかる 鄙の垣間の 花卯木
            白と咲き 赤と散りたる たにうつぎ

            そち行かば 滅びへの道 うつぎ咲く
            花うつぎ 打座即刻の 俳諧師    俳子

                ウツギの花

                ハコネウツギ

                オオベニウツギ

                サラサウツギ

    前頁(酢漿の花)へ  この頁のTOPへ  次頁(忍冬の花)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX