*

           夏…同じもの ひとつもなくて 瓜の花
             蔓伸びて 早く実をなせ 瓜の花

             瓜ふたつ よく似て違ふ 吾子ふたり
             てのひらで 叩かばわかる 瓜の味

             臍曲り 爺が手のなか 曲り瓜
             平台に 貌のない瓜 売れ残る

             瓜腐る 人は脳より 衰ふる
             たましひも 腑抜けてどろり 腐れ瓜    俳子



     前頁(夜店)へ  この頁のTOPへ  次頁(ビール)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX