*

           夏…川鵜飛ぶ 池面近きを 悠然と
             魚を待つ 川鵜や池の ブイが上

             鵜は聡し 音ある方へ 頸まはす
             鵜や頸を 潜望鏡の ごと廻り頸

             頸自在 鵜の真後ろも 視野の内
             魚影追ふ まなこ険しき 川鵜かな

             潜く鵜や 水底深く 影となり
             素潜りて 魚一撃の 荒鵜かな

             頭から 魚を呑みこむ 川鵜かな
             狩り終へて 干す羽重き 川鵜かな

             離れ鵜や 小さき杭を 寄る辺とし
             はぐれ鵜や 羽干すだけで 繕はず

             池面見て 鳴かず飛ばずの 老鵜かな    俳子

                烏原貯水池の鵜

                     石井ダムの鵜           

               修法ヶ原池の鵜

               京都嵐山・桂川の鵜

     前頁(井守)へ  この頁のTOPへ  次頁(青鷺/白鷺)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX