梅  雨  茸  *

            夏…切株に 面揃へたる 梅雨きのこ
              梅雨茸や 色あるやうな なきやうな

              梅雨茸 昼でも暗き 森奥に
              森奥の 湿りが真中 梅雨きのこ
              梅雨茸の 能くさびらの ごと殖えて

              腐りゆく 大樹が褥 梅雨きのこ
              梅雨きのこ きのふの雨の 匂ひして

              梅雨闇に 椎の灯火茸 光る
              倒木の 臭腐に光る 梅雨きの
              梅雨茸の 闇夜に開く 光笠   俳子

        シイノトモシビタケ(神戸キノコ観察会 展示写真)



      前頁(黴)へ  この頁のTOPへ  次頁(夏越)
    「梅雨茸」関連ページ…松茸(秋) 一夜茸(秋) (秋)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX