吊    忍   *

           夏…吊忍 ここら下町 裏通り
             吊忍 揺れて駅前 弁当屋

             昏れがての 母の横顔 吊忍
             しがらみの ひとつやふたつ 吊忍

             吊忍 ひときは濃ゆき 柱陰
             うきことを 忘るるまでの 吊忍

             忍ぶとは 刃の心 吊忍
             落ち武者の 打ち首のごと 吊忍

             吊忍 黙さば閉づる 和の心
             吊忍 泣くこと下手な をみなにて

             吊忍 わが心音を 聞く夕べ
             吊忍 残り雫の またひとつ

           秋…声届く ところにひそと 忍草
             秋めきて 軒端忘れの 吊忍    俳子

              ツリシノブの芽立ち(春)


       前頁(風鈴)へ  この頁のTOPへ  次頁(大暑)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX