時  計  草  *

            夏…萼五つ 花びら五つ 時計草
              花びらの 十片あるかに 時計草

              花萼の ふたつは消ゆか 時計草
              目つむれば 見ゆるものあり 時計草

              青蔓の ねじれねじれて 時計草
              時計草 風に回らば 風見花

              咲き満ちて 時を刻まぬ 時計草
              時計草 咲き定まれば 刻とまる

              時計草 過ぎゆく刻の 還らざる
              決めかねて 迷ひ疲れて 時計草

              あつぱれや 子午線上の 時計草    俳子




        前頁(羊蹄の花)へ  この頁のTOPへ  次頁(昼顔)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX