鈴     蘭  *

            夏…鈴蘭を 町花としたる 避暑地にて
              鈴蘭を 咲かせて西の 軽井沢

              鈴蘭の 薫れる町に 住み古りて
              鈴蘭の 咲きて君影 三丁目

              君影草 うつむきがちに 笑ふひと
              清らかに 咲くを忘るな 君影草

              君恋し 君影草の かすむ夜に
              君影草 ひと夜の夢の はかなくて

              すずらんの 一花一花に 花の精
              すずらんや 君に想ひを 残すかに

              まだ明日を 知らぬ白さに 君影草
              うたげ果つ 君影草の 白は黄に

              君影草 散るや妖精 失せしごと
              鈴蘭の 町に住み古り 死にゆける

           冬…すずらんの 赤き実ひとつ 冬枯るる    俳子


                                  



      前頁(牡丹)へ  この頁のTOPへ  次頁(鉄線花)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX