走  馬  灯  *

          夏…馬走り 花も飛ぶなり 走馬灯
            走馬灯 めぐりめぐりて 飽きもせず

            廻るほど 先が遠のく 走馬灯
            走馬灯 追ふも追はるも 影にして

            闇ゆ出て 闇に逃げ落つ 走馬灯
            去るを追ひ 追ふも去りゆく 走馬灯

            十二支の 絵柄はなやか 走馬灯
            走馬灯 夜の回転 木馬めき

            走馬灯 廻りまはれば 猫も飽く
            走馬灯 明より暗へ 絵柄落つ

            父駈けし あと追ふ我や 走馬灯    俳子

         写真は盆提灯(走馬灯の写真ではありません)

      前頁(扇風機)へ  この頁のTOPへ  次頁(夏暖簾)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版