桜 桃 の 実  *

           夏…桜桃の 光まとへば 珠宝めき
              さくらんぼ 三年前の あの時に

              少しだけ 拗ねて甘えて さくらんぼ
              さくらんぼ 食べて唇 厚きひと

              柄のついた 惑星ふたつ さくらんぼ
              桜桃の ふたつ振り子の 揺れ揺られ
              さくらんぼ ふりて紛らす 片想ひ

              桜桃を 啄む鳥の おちつがず
              寄り来るは みんな良い子や さくらんぼ

              さくらんぼ 食べ終ふ孫の 両ゑくぼ
              桜桃の ひと粒ごとの 幸ならむ

              ひとつ食べ ふたつめ残す さくらんぼ
              とまらない さくらんぼうの あとひとつ

              桜桃の 種吹き飛ばす 野末まで
              さくらんぼ 熟るればすぐに 地に落ちて   俳子

                 桜桃の花





                 サクランボ

     前頁(昼咲月見草)へ  この頁のTOPへ  次頁(茱萸の実)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX