の う ぜ ん の 花  *

          夏…凌霄の 花の赤橙 葉のみどり
            日溜りて 花凌霄の ぽつぽつと

            あのことは 聞かずじまひや 花凌霄
            凌霄や 短き影を 追ひてゆく

            凌霄の 色も褪せずに 散りにけり
            死にたしよ 凌霄の花 散るやうに

            凌霄花 余生軽ろしと 思ふべし
            凌霄の 花の終りを 風ぞ告ぐ    俳子




      前頁(胡瓜)へ  この頁のTOPへ  次頁(合歓の花)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX