草    刈  *

          夏…腰曲げず 背筋ますぐに 草を刈る
            草一里 草に埋まりて 草を刈る

            草刈機 うなりて草の 匂ひ立つ
            草刈機 草塵あまた まひあげて

            雁首を 揃へて草の 刈られけり
            無念なり 根は刈りこめぬ 草刈機


            草引くや 草強情の 力持つ
            草引くや 引きても尽きぬ 草が叢
            草取女 隠るるほどの 草の丈

            窮しては 墓に尻向け 草むしる
            道の端の 根深き草を 引く羽目に

            草引きて 引き抜けざれば 鎌で切る
            また生ゆる 草を刈りても むしりても

            草刈れば かくも少なき 嵩にして
            刈草の 積み残されし 野となりぬ

            嵩高き 刈草燃せば 灰少し
            凡にして 草刈りしあと 歩くなり    俳子



             芝刈り    於:しあわせの村

     前頁(草茂る)へ  この頁のTOPへ  次頁(紫式部の花)
         「草刈」関連ページ…草茂る(夏)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版