香    水  *

          夏…一滴の香水 万の恋心
            香水の あやふき香をば ふりまきて

            悪女ぶる 香水毒香 まき散らし
            整形の 顔に化粧と 香水と

            香水の 匂ふあたりの 磁場歪む
            香水や 浮気の虫の 浮かれ出て

            香水の 匂ひにゆがむ 下心
            香水に惑ひて 恋の深痛手

            懐かしき 香水の香と すれちがふ
            香水の あと追ふやうに 散歩犬

            ビル夜景 香水よりも 香を放ち
            香水の 魔力がなかや すれ違ふ

            香水の 残り香少し 依留亭
            香水や 恋路にもある タイムラグ

            香水や ときに死を呼ぶ 香を放ち
            香水を かけても消えぬ 悔ひとつ   俳子


      前頁(汗)へ  この頁のTOPへ  次頁(羅)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX