黄  金  虫  *

           夏…ぶんぶんぶん かなぶんぶんと 飛びきたる
             むじやもじやと 新芽むさぼる 黄金虫

             花に酔ひ 蜜に溺るる 黄金虫
             蜜まみれ 花粉まみれぞ 黄金虫

             花蜜に 酔ふがごとくに 黄金虫
             転がせば 死に真似うまき 黄金虫

             花ひとつ あれば極楽 こがねむし
             金亀子 電子回路に 迷ひこむ

             こがねむし 空に抛れば 重く飛び
             闇を飛び 灯火に落つる 金亀子

           秋…花に酔ひ 花に死すかに 秋かなぶん   俳子





     前頁(蛾)へ  この頁のTOPへ  次頁(糞ころがし)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX