毛    虫  *

           夏…毛虫這ふ 末は胡蝶か 夜盗蛾か
             蝶か蛾か 夢か現か 毛虫這ふ
             空飛ぶは 嘘か真か 毛虫這ふ

             肩うかせ 腰をうかせて 毛虫這ふ
             尻ふると いふにはあらず 毛虫這ふ

             毛虫這ふ 総身の毛を 波打たせ
             毛虫這ふ 葉裏の影を 波打たせ

             字余りの 毛虫がぞろり 俳句帳
             毛虫焼く 殺生臭に むせながらく   俳子

               マイマイガの幼虫

              チャドクガの毛虫

              フクラスズメの 幼虫

    前頁(ががんぼ)へ  この頁のTOPへ  次頁(蛾)
        「毛虫」 関連ページ…(夏)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX