蛍 ( 1 )  *

          夏…暮れ残る 空に星あり 蛍待つ
            蘆生ふる川や 蛍の棲むといふ

             ほうたるの 飛ぶか飛ばぬか 川面闇
             とく見よと 指差す見れば 蛍の火

            初蛍 水より出でて 火を灯し
            蛍火の 息の合ふかに 点滅す

            交はらず 離れもせずに 蛍の火
            恋唄を 闇に競へば 火の蛍


            蒼き夜の 迷ひ蛍や ひとつ飛ぶ
            またひとつ 蛍火放つ 川面闇

            川闇に 現れては消ゆる 蛍の火
            蛍火の 消えつ灯りつ 漂ひぬ

            火の蛍 飛べば恋路の 闇動く
            蛍の火 近寄りがたき 闇間もち

            蛍火や 君とゐる闇 うつくしく
            蛍火や 細き流れを 闇に置き

            川奥の 闇美しき 蛍狩
            川音に つかず離れず 蛍追ふ
            せせらぎの 音を頼りに 蛍追ふ

            蛍狩 さびしきひとの 手を引きて
            蛍狩り 顔の見えざる 手に引かれ

            昂ぶりを 抑えきれずや 蛍追ふ
            つなぐ手の 握れば融くる 蛍の夜

            患ひの 胸の虚ろに 飼ふ蛍
            幸うすき をみなの目にも 蛍の火

            息細き 心の闇に 蛍飼ひ
            前世には 蛍なりしと いふ女

            蛍追ふ 闇うつくしき 川辺道
            蛍火は 真すぐに飛べず 恋の火も

            さびし背に 蛍火ひとつ 灯すひと
            火ともすは 蛍の星と 思ふべし

            うつしみの 内と外とを 蛍飛ぶ
            さびし夜は 蛍となりて 迷ふとや    俳子

    ホタル 写真はフリー写真ブログもってって!さんからお借りしました

     前頁(紫露草)へ  この頁のTOPへ  次頁(蛍2)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版