蛍    袋  *

         夏…花蕊を 深く蔵して 釣鐘草
           覗きみる 蛍袋や 秘密めく
           気休めを 蛍袋に 入れておく

           病むときは 蛍袋に 身を潜め
           魂青し 蛍袋に 仮寝して

           ちからなく 釣鐘草の 垂れさがる
           願はくば 蛍袋を 上向きに

           願ひごと 蛍袋に 詰めすぎて
           疲れてや 蛍袋に 眠るひと

           寝飽きたら 蛍袋を 出でよか
           蛍来い 蛍袋に 灯をともせ   俳子



      前頁(金魚草)へ  この頁のTOPへ  次頁(金糸梅)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版