日    傘  *

         夏…待ちわびて くるりと回す 白日傘
           待ち人の 来たりて閉ぢし 白日傘

           吾を入れて 影も小さき 白日傘
           細き影 拾ひつ歩く 白日傘

           空仰ぎ 眉をひそめて 日傘さす
           烈日に 傘布薄き 白日傘

           老い果てて かりそめにさす 日傘かな
           照れもせで をみなのすなる 街日傘

           色男 をみな日傘で 顔隠す
           パラソルの 振り返りつつ 遠ざかる

           オランダ坂 幅いっぱいの 白日傘
           はんなりと 日傘閉づれば 北野坂
           着こなしの 涼やかにして 日傘さす

           呼びとめて 日傘傾げる 須磨女
           須磨寺へ 日傘の影を 借りながら

           白日傘 差して前行く 脚美人
           海色に 染まずに行きし 白日傘

           青空を 載せて浜辺を 白日傘
           草丈の さらに上行く 白日傘

           夕日へと 歩む日傘の シルエット
           白日傘 閉ぢずに夕の 波止が先

         秋…埠頭へと 港見にゆく 秋日傘
           照り返し 強き水辺を 秋日傘

           秋日傘 傾げて青き 空仰ぐ
           いつまでも 手放せざると 秋日傘

           晴々と たたみて仕舞ふ 秋日傘    俳子



    前頁(サングラス)へ  この頁のTOPへ  次頁(夏帽子)へ
         「日傘」関連ページ…春日傘(春)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 INDEX