ハ ン モ ッ ク  *

          夏…ハンモック 地に分身を 置き忘れ
            ハンモック わが夢もまた 宙吊りに

            これがまあ わが身が重さ ハンモック
            ハンモック おのが重さで 身を包み

            地にあらず 天にもあらず ハンモック
            天と地の あはひ低きに ハンモック

            わが眠り 二点確保の ハンモック
            ハンモック 上と下とに 風の道

            揺れる夢 あらば極楽 ハンモック
            吾子眠れ 日の斑ゆらめく ハンモック

            覚醒と 夢とのはざま ハンモック
            目覚むれば 木陰が外の ハンモック

            寝足りなき 思ひ残して ハンモック
            ハンモック 降りて気怠き 身を起こす   俳子


      前頁(キャンプ)へ  この頁のTOPへ  次頁(水遊び)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版