花 菖 蒲 (2)  *

           夏…花菖蒲 雨の筋なす 池の淵
             池の辺の 水の匂へば 花菖蒲

             雨受けて 雨をとどめず 花菖蒲
             しろがねの 雨を弾きて 花菖蒲

             花菖蒲 池をゆるりと をみな傘
             菖蒲見の 順路池添ひ 傘の列

             歩をとめて 見返るひとや 花菖蒲
             花菖蒲 たたずむひとを 追ひ抜けず

             江戸美人 ゐるやも知れず 菖蒲園
             遠きにも 堀切村の 花菖蒲

             流れざる 水の昏きに 花菖蒲
             池の面の 影揺れやすし 花菖蒲
             花菖蒲 雨の匂ひに 倦むまでを

             人去りて 風にも揺れず 花菖蒲
             暮がての 水際明りに 花菖蒲

             花菖蒲 日暮れてよりの 水明かり
             咲き満ちて 菖蒲が池の 暮れ悩む

             花菖蒲 夜は無明の 闇が抱く
             秋待たず はやも実をなす 花菖蒲

           冬…冬ざれて 見る影もなき 菖蒲園   俳子




    前頁(花菖蒲1)へ  この頁のTOPへ  次頁(姫女苑)
   「花菖蒲2」関連ページ…花菖蒲1(夏) あやめ(夏) 杜若(夏)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版