原 爆 忌 ( 1 ) *

          夏…炎天に リトルボーイと ファツトマン
            超炎熱 最終兵器 大炸裂

            閃光や 朱夏を黒く 塗りつぶす
            炎天の 正中線を 直撃す

            ゲルニカや 烈火炎熱 大爆音
            火の玉の炸裂 夏の空熔くる

            炎天の 亀裂一条 街を裂く
            烈光に なべてが消えて ピカドン忌

            爆裂や 酷熱炎暑 爆心地
            夏滅す 天没地没 大爆裂

            彎曲の 片蔭とけて 大地燃ゆ
            街灼けて 奈落が底の きのこ雲

            炎熱の 極まりをれば 爆心地
            人も木も 家も街路も 熔ける夏

            夏激す あの日あの時 この場所で
            空を這ふ 血みどろの手 夏死せり

            炎天や 白黒真逆 ネガフィルム
            天墜ちて 灰燼の街 夏炎ゆる

            炎熱の街や 異形の影細る
            街熔けて人 炎昼の影持たず

            炎天や 影垂直に 焼け爛れ
            炎帝や いくさ果つれば 獄焦土

            炎帝や 毀れし人が 底を這ふ
            炎帝や 底這ふ人は あらがへず

            川面這ふ 火よ ピカドンの 夏炎ゆる
            炎熱に 川さへ炎ゆる 熱地獄


            ピカドン忌 劫火の川へ 水求め
            水をくれ 命をくれと ピカドン忌

            人間を 外れて叫ぶ ピカドン忌
            川灼けて 水底の霊 たゆたへる

            焼き焦げし 皮膚が垂るるぞ ピカドン忌
            炎熱地獄 手垂れの影が 地を這ふぞ

            死屍累々 むらがる蠅を 払へざる
            灼け仏 瓦礫の中に 目を閉ぢて

            戦死餓死 病死が果てや 無差別死 (無季)
            炎天の 死者は憤怒の 影を持つ

            死すことも 知らずに死せり ピカドン忌
            原爆の日 なるを知らず 人死せり

            ピカドン忌 生くるも死すも みな焼かれ
            名も知れぬ 屍焼きしと ピカドン忌

            穴掘りて 埋めて合掌 ピカドン忌
            混葬の 炎が中や 大地燃ゆ

            遺骨なき ともがらふたり ピカドン忌
            八月や 人の形に 影残る 季:秋

            夏天炎ゆ 死にびと石に 影刻み
            壁黒く焦げ 夏草の影白し

            雷雲か 瓦を叩く 黒き雨
            天病みて 炎夏に降らす 黒き雨
            八月の 死の影白く 雨黒し 季:秋

            黒き雨 あがりしあとの 黒悪汗
            魔の雨と 知らずば言はむ 黒雨忌と   俳子


    前頁(夏の花)へ  この頁のTOPへ  次頁(原爆忌2)
  「原爆忌1」関連ページ…原爆忌2 / 3 / 4 / 5 / 6(夏) 夏の花(夏)
           敗戦忌(秋) 八月(秋) 俳子の守破離俳句 炎帝
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
     ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版