原 爆 忌 ( 4 ) *

          夏…ミサイルの 射程が中の 原爆忌
            地に戦 絶えざるままぞ ヒロシマ忌

            滅亡に 至る戦争 夏天の奇
            慚汗や 干戈不息の 世なりせば

            真夏にも 黒き雲なす 核の冬
            核の世の レッドラインを 越ゆる夏

            核の夏 イスカンデルM 作動せり
            夏銀河越えて ICBM弾
            一発で 我も蒸発 核の夏

            またしても 悪魔が選ぶ ピカドン忌
            日常が なくなるひと日 原爆忌

            夏籠る 核シェルターに 身をちぢめ
            原爆忌 ハルマゲドンを 生きのびて

            核の世や 日傘ひらけば 骨がない
            愚者の夏 戦争の種 尽きまじく

            夏闇に光るか 劣化ウラン弾
            ポロニウム 入りの紅茶を 夏昼に

            折鶴の夏を ステルス戦闘機
            巡航ミサイル飛ぶや 夏天を私し

            夏天へと 気化爆弾の きのこ雲
            自爆型 ドローンのごと 火蛾爆す

            落ち花火 白燐弾が 街襲ふ
            クラスター 弾の跡めく 蝉の穴

            これらみな 殺人兵器 悪なすび
            ボケ茄子に 覚えきれざる ほどの武器
            威力増す 通常兵器 うり爆す

            蟻踏まる 地を這ひをると いふだけで
            殺めあふ 正義いずこぞ 蟻の列

            夏の火や 撃ちてし止まば 敵もまた
            人多く 殺さば勝ちぞ 夏天の非

            戦争の 底ひに国家 夾竹桃
            国ありて 戦禍は絶えず 原爆忌

            忘るるな 軍都が末の 原爆忌
            炎天を 来て慰霊碑の 小暗がり

            中指で さぐるトリガー(引金) 夏天の悲
            ヒロシマ忌 百年後にも いくさして

            この星が 廃炉になる日 被爆者忌
            人住めぬ 星となりても ヒロシマ忌

            文明が 滅びし後の 原爆忌
            モノクロの 写真ばかりや 原爆忌    俳子


    前頁(原爆忌3)へ  この頁のTOPへ  次頁(原爆忌5)
  「原爆忌4」関連ページ…原爆忌1 / 2 / 3 / 5 / 6(夏) 夏の花(夏)
             敗戦忌(秋) 八月(秋) 俳子の守破離俳句 炎帝
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
     ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版