原 爆 忌 ( 3 )  *

           夏…色紙の 裏側黒き 原爆忌
             折紙に 影をたたみて 原爆忌

             ヒロシマ忌 飛ぶもかなはぬ 紙の鶴
             ヒロシマ忌 折鶴千羽 糸ざしに

             紙の音 立てて哭く鶴 ヒロシマ忌
             ヒロシマ忌 吊るせば重き 千羽鶴

             折鶴の 心音を聞く 黙の夏
             禎子の碑 祈れば静か 蝉しぐれ

             折鶴の 飛べざる夏や 禎子の碑
             夏空へ放て 千羽の紙の鶴

             炎天に 千羽の鶴の 紙の音
             原爆忌 紙折る鶴の 影走る

             原爆忌 折鶴の羽 折れしまま
             折鶴に こむる祈りや 原爆忌

             折鶴の 嘴は中折れ ヒロシマ忌
             原爆忌 首を折らねば 鶴できず

             息入れて できる折鶴 ヒロシマ忌
             原爆忌 紙の鶴には 足がない

             色紙を 折りて広げて 黙の夏
             折鶴を 開けば皺む 原爆忌

             炎天へ 縮みつ消ゆる 紙の鶴
             夏寒し とはに飛べざる 折り鶴も


             慰霊碑に 重ねる手と手 ヒロシマ忌
             慰霊碑の 向ふにドーム 黙の夏

             慰霊碑や 祈りの影の 灼け焦げて
             旱雲 人類愛も 干乾びて

             黙祷や うるさきほどの 蝉しぐれ
             蝉しぐれ 送る言葉が 胸をさす

             蝉穴や 空も空抜く 穴を持ち
             蝉鳴くな 母子像の空 ひび割るる

             合掌や 静か心に 遠き夏
             風死して 被爆ドームの がらんどう

             空よりも 地よりも灼けて 慰霊の碑
             蝉鳴くか 人は哭くかと 蝉鳴くか
             折鶴の 影にひかれて 蝉墜つる

             慰霊碑に 萎るる供華や 日の盛
             原爆忌 黒き花影を 供華として

             炎昼や あの日のやうに 街歪む
             炎昼や 影きしぴしと 泣き喚く

             炎天や 祈りの影は 孤を深め
             炎天や 息吐くごとに 喉乾く

             生き死にを 云ふも切なき 被爆者忌
             被爆者忌 いかりを黙に 封じこめ

             ただ祈り ひたすら祈る 被爆者忌
             諦念の 重きに耐ふる 被爆者忌

             黙の夏 鳩の羽音の 天翔ける
             夏鳩の こぼす光の 尊かれ

             鎮魂の 鍵盤重し 原爆忌
             主なき 被爆ピアノや 原爆忌

             雄弁に まさる沈黙 ヒロシマ忌
             祈りてや 夏に還らぬ 人偲ぶ


             原爆忌 万霊のこゑ 地にあふれ
             原爆忌 万にひとつの 声を聞く

             茂れるや 草木も生えぬ 地といはれ
             草茂る 呼べど還らぬ 人あまた

             風死すや 天地人みな 病めるがに
             風死すや 線香の香の 死臭めく

             壁だけのドームや すきま夕焼けて
             大夕焼 ドームの壁の 黒々と

             夕焼空 記憶とどめぬ 被爆壁
             風死して 崩るることも できぬ壁

             風死すや ドームの洞に 闇迫る
             風死して ドームにこもる 闇の声
             夏かげろふ ドームが下の 瓦礫片

             離れては 寄る流燈の 五六灯 季:秋
             流燈の 迷へるごとく 上流へ

             流燈や 瞬時に消えし 魂のせて
             流燈の 闇に迷へば 川濁る

             寄る辺なき 魂ぞ漂ふ 流燈会
             流燈や 川面を惑ふ 魂いくつ
             万燈や 死者の数だけ 連なれる

             流燈や 声なきこゑを 聞く夕べ
             流燈や 魂は川面を 離れざる

             流燈の 灯りどこまで 天宇まで
             流燈の のぼるに遠き 空のあり
             流燈の あへなく消ゆる 空が果て

             流燈の 行く末はるか 星となる
             流燈の 末は夜空の 星が屑

             万燈の 流れて暗き 被爆川
             流燈や いのちの果ての 闇深し   俳子


   前頁(原爆忌2)へ  この頁のTOPへ  次頁(原爆忌4)
 「原爆忌3」関連ページ…原爆忌1 / 2 / 4 / 5 / 6(夏) 夏の花(夏)
           ナガサキ忌(秋) 敗戦忌(秋) 八月(秋) 俳子の守破離俳句 炎帝
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
     ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版