水    馬   *

          夏…あめんぼう こちかと見れば すぐあちへ
            あめんぼの はねて乱るる 雨の紋

            あめんぼや 水一枚の 薄皮に
            池の面に 膜あるごとく あめんぼう

            あめんぼの あるかなきかの 水窪み
            あめんぼの はねて池面の 水ゑくぼ

            あめんぼや 水面くぼみて 柔らかし
            あめんぼの 水はへこめど 破れざる

            あめんぼの 跳ねる水面の 硬きとも
            平らかな 水へこませて みづすまし

            みづすまし 川の流れに あらがひて
            みづすまし 忍者もどきの すまし貌

            あめんぼや 足下に広き 水の空
            あめんぼの 遊ぶに広き 池の面

            あめんぼは 水を磨きて 空磨く
            みづすまし 青空蹴りて 雲に乗る

            都へは 水行十日 みづすまし
            みづすまし 跳びて乱るる 水の空

            あめんぼの 外へと広がる 青水輪
            あめんぼの おのが水輪の 外に出でず

            みづすまし 行きつ戻りつ 水均す
            あめんぼの 水輪くづして 池の端まで

            みづすまし 水輪に影を くびれさせ
            みづすまし 水面の影と なりて駈く

            水上の ブレイクダンス 水馬
            けんけんぱ 水面跳ね跳ね あめんぼう

            あめんぼや 全水ゆらぐ 波の紋
            あめんぼの 一筆書きの 滑り跡

            一匹と 見えてつがひや 水馬
            水馬 み空やきもち 雨降らす

            雨の輪に 水の輪足して あめんぼう
            あめんぼう 跳ねたら里は 俄雨    俳子


         上に乗っている方がオスで下がメス

    前頁(蜘蛛の子)へ  この頁のTOPへ  次頁(金魚)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
  ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版