油    虫  *

          夏…ごきぶりと 我との距離の 縮まらず
            一撃を かはす天才 油虫
            こにくらし 逃げ足速き 油虫

            御器嚙り 夫婦茶碗に 糞たれて
            御器嚙り一匹 一家一騒動
            御器嚙り 出でてキツチン 戒厳令

            世にこびず 世に容れられず 御器嚙り
            憎まれて 世にはばかるや 御器嚙り

            ごきぶりや 老いがひとりの ゴミ屋敷
            ごきぶりの ゆくは物陰 裏の道

            ごきぶりは 隙間に生きて 死すのみぞ
            身軽しや 死しても軽ろき 御器嚙り    俳子



      前頁(月見草)へ  この頁のTOPへ  次頁(蠅)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版