*

          冬…寒鶯や 歌を思ひて 声のなく
            笹鳴きを 顳顬で聴く 杣の道

          春…ほーぴよぴよ 鶯はまだ 舌足らず
            字足らずの 鶯なれど 声澄みて
            急かすなや 鶯いまだ 歌知らず

            鶯や 山低うして 谷深し
            一ノ谷 二ノ谷渡れ 春告鳥

            ややありて 一声高し 匂鳥
            鶯と 梅の連立 方程式

            鶯の 一声清く 谷渡る
            花見鳥 須磨ノ浦より 須磨寺へ

            鶯や 朝靄深き 谷蔭に
            鶯の 見えみ見えずみ 定めなく

            鶯の 人来れば鳴く 背山道
            鶯の 木末(こぬれ)伝ひに 鳴きにける

            天辺に 近き梢や 花見鳥
            鶯の 天下に適ふ 高美声

            鶯や 空の明るき 方へ鳴き
            鶯に 及ぶものなし 庭に鳴く

            鶯の 秀つ枝に鳴くは 声自慢
            菊水の 山うぐひすの 声自慢
            鶯や 拙きもゐて 歌宴

            鶯や 人声いまだ 聞かざるに
            鶯の こゑ遠まきに 杣の道

            遠鶯 色あるやうな なきやうな
            鶯に 耳ふくらます 山路かな

            鶯の 鳴けど匂はぬ 庭木立
            指呼すれば 鶯すでに そこになく

            鶯の 美糞をつけて 顔美白
            ひとの世は知らず 鶯鳴きやまず    俳子


    前頁(木の芽/草の芽)へ  この頁のTOPへ  次頁(凧)
         「鶯」関連ページ…老鶯(夏)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版