蒲  公  英  *

           春…たんぽぽや 畦道長き 丹生の里
             たんぽぽや 藍那が辻の 古地蔵

             迷路めく 白辺路古道 和たんぽぽ
             たんぽぽや 須磨アルプスが すぐ傍に

             たんぽぽを 摘みて少女の 野辺となる
             ふるさとの 道もかくにか 和たんぽぽ

             たんぽぽや 茅葺屋根の 百年家
             たんぽぽや 縄文人の 笑ひ顔

             たんぽぽの 丈低くして 根ぞ深し
             たんぽぽに 次の花あり 百度踏む

           夏…蒲公英は 夏の二番花 三番花
             咲き継ぐる 夏たんぽぽの 花小さし

             三度目の 花穂をつけて 夏たんぽぽ
             ふるさとや 夏たんぽぽの 迎へくれ

           冬…冬たんぽぽ ボーッと生きて 叱られて    俳子

               カンサイタンポポ

             セイヨウタンポポ
 
     カンサイタンポポ (頭花を包む総包が外側に反り返っていない)

    セイヨウタンポポ (頭花を包む総包が外側に反り返っている)

     前頁(亀鳴く)へ  この頁のTOPへ  次頁(蒲公英の絮)
         「蒲公英」関連ページ…蒲公英の絮(春)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版