*

         春…すみれ咲く 少女かけゆく 土手堤
           思ひ出は 淡く儚く 菫草

           花菫 木漏れ日淡き 山の辺に
           黄すみれや 草木灰の 残る丘

           日向より 日陰を選りて 野の菫
           尾根道の 風の窪みに 菫草
           山路行く 菫そよぐに 目を細め

           城跡へ 続く山路や すみれ草 (丹生山明要寺跡)
           石垣の 遺る山城 花すみれ
           花すみれ 野面積みせし 石垣に

           日に開き 月に花閉づ 菫草
           天渺々 地には小さき 花菫

           君が立つ 光の中や 花菫
           花菫 たばねて小さき ブーケとす   俳子




   前頁(土佐水木)へ  この頁のTOPへ  次頁(ラナンキュラス)
         「菫」関連ページ…冬菫(冬)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版